サーバーとは

サーバーとは?

ホームページを公開するにはサーバーどドメインは欠かすかとはできません。

しかしサーバーやドメインを使用するような仕事に携わっていない限りサーバーやドメインが何なのか全くわからないと言う方が多いかと思います。

このページではサーバーが何故必要でどんな役割がるのかを簡単に説明しています。まずはこのページを見ていただいた上でドメインについての説明のページを見ていただいた方がより解りやすいかと思います。ドメインについてはこちらをご覧ください。

最近の映画などでもよくサーバーが攻撃されているや、サーバーにハッキングされているなど、いろいろサーバーという単語を聞く機会が増えましたね。

このページを見ていただくと映画などが更に楽しく見れるかも!?

目次

1.サーバーの役割

サーバーとは英語でserver。「service(サービス)する人」という意味。

何のサービスをしてくれる人(厳密には人ではなく機械)かと言うと、下の図を見てもらうとわかりやすいはず!

このようにスマホやPCのボタンなどを押下した時にあなたの押下したボタンから送られたリクエストがインターネットを通じてサーバーに届きます。そしてサーバーに保管しているホームページの該当のページを探し出して返します。上記の図で言うと、料金ページが見たいというリクエストを受け、結果を対象のスマホやPCに返します。このリクエストとそれの返答が行き来することをデータの通信と言います。これが世の主なネットワークの仕組みでホームページにはサーバーが必須の理由です。

2.データの保管

サーバーには様々なデータが格納できます。この機能のおかげでたくさんの便利なことができます。
例えばファイルのアップロードとダウンロード。会社のパンフレットなど、お客様にいつでもダウンロードしてもらえるようにあるページに表示しておきます。お客様は好きな時にダウンロードができるのはサーバーにそのファイルデータが格納されている為です。あとは先の説明と同じようにユーザーが送ったリクエスト(ダウンロードしたい!)をサーバーが受け取り、格納されているファイルを返します。他にはECサイトなどでユーザーの顧客様の、名前や住所、電話番号などの情報をデータとして格納できます。ユーザーの情報を格納しておくことで毎回ユーザーの情報を入力してもらわなくてもスムーズにネットショッピングを楽しんでもらえます。

3.メールやSNSなどにもサーバーは必須

身近なところで言うとメールやSNS(LINEやTwetter、Facebook、Insturgramなど)。
これらは全て入力した文章や送った画像を1度サーバーに預け(アップロード)、相手はサーバーに預けられたものを受け取って見ているという形になります。
自社の独自ドメインで取引先やお客様とメールをする際には専用のサーバーが必要になります。

4.サーバーを狙う悪い人たち

しかし便利な分反面セキュリティをしっかりしておかなければ悪い人からサーバーに格納してある大切なデータを盗み見られたり、破壊されたり、データを改ざんされたりします。

サーバーが攻撃されているや、ハッキングされているなどのセリフを映画などで聞いたことはありませんか?サーバーは不正にアクセスされない為にセキュリティ(ファイアウォールという壁)を設けているのですが、そのセキュリティを悪い人たちが突破しようと攻撃してくるのです。これがサーバーが攻撃されているというセリフのシチュエーションです。そしてセキュリティが負けてしまうとサーバー内に進入され、進入した人の好きにデータを改ざんしたり盗んだり、壊したりされます。サーバー内に進入されている状態のことをハッキングされるといいます。さらに本来のサーバーの持ち主である人がアクセスできないようにデータを改ざんされれば乗っ取られてしまった状態になります。

ページ上部へ戻る