ドメインとは?

ホームページを公開するにはサーバーどドメインは欠かすかとはできません。

しかしサーバーやドメインを使用するような仕事に携わっていない限りサーバーやドメインが何なのか全くわからないと言う方が多いかと思います。

このページではドメインが何故必要でどんな役割がるのかを簡単に説明しています。サーバーについてはこちらをご覧ください。まずは「サーバーとは」のページから拝読いただいた方がよりわりご理解いただきやすいかと存じます。

目次

1.ドメインの役割

ドメインとは簡単に言うとネット上の「住所」。サーバーとは?のページ(こちら)の説明にもあるようにユーザーが行ったリクエストがサーバーに届く為にはリクエストが1度インターネット上に出て行きます。そしてインターネット上の道を通って目的のサーバーまでリクエストを届けます。現実世界では郵便物が目的地に届くには届け先の住所が必要です。ネットの世界でも同じでリクエストが目的のサーバーまで届くには住所が必要です。この住所の役割をしてくれるのがドメインです。

2.独自ドメイン

ドメイントは「http: ⁄ ⁄ 」の後に続く部分で○○○.comや○○○.co.jpなどのURLに表示されている部分。 この○○○を好きな文字(英数字と「-(ハイフン)」、「.(ドットまたはピリオド)」のみ)で使用するのが独自ドメイン。独自ドメインは世界に1つしか存在しないもの。 独自ドメインを取得するメリットは簡単に言うと次のことが挙げれます。

・ユーザーに認知しやすくなってもらえる

・独自ドメインでメールが使用できるようになる

・SEO対策にも良い(SEO対策とは検索順位を上げること)

3.メールにも使用できる

先に記した通り独自ドメインでメールの送受信ができるようになります。 あなたの会社が専用のメールアドレスinfo@○○○.co.jpなどでメールを送受信する際にも独自ドメインが使用できます。 @マークの前を従業員の名前にして1つのドメインで複数のメールアドレスを使用することもできます。

4.ドメインの種類

よく見かける「.com」や「.co.jp」、「.net」、「.info」など様々な種類のドメインが存在します。 だいたいの場合、企業は「.co.jp」、個人店などは「.com」や「.jp」を使用する場合が多いです。 「.co.jp」のcoは商業を意味するcommercialの略で、jpはJapanの略。すなわち「.co.jp」は日本で登記している企業しか取得できないドメインとなっています。