下書き(ラフ)とは、ご依頼物に完成イメージがある場合、できるだけ具体的にイメージしている完成形を紙等に書き起こしていただくものです。

下の例は当事業所にご依頼いただく際、お客様が実際にご用意していただいた下書(ラフ)きになります。

下書きはあくまで完成形の例とさせていただきますのであとはご用意いただきました下書きにあればプラスになること等をご提案いたします。

また、下書きをご用意いただけた場合、特別割引を行っております。

当事業所はテンプレート等は使用せず完全オリジナルのデザインで制作しております。

せっかくの完全オリジナルなので是非、完成度の高いものを一緒に作りましょー!

実例1仕上がりサイズ:ハガキ(100×148mm)

この例は100点満点で言うと200点だ!これからラフを用意しようと試行中のお客様、ここまで完璧でなくても大丈夫なのでご安心ください。

上記例の下書きは、淵の葉や装飾のバラは雑誌の一部をコピーし、それを切り貼りされているわ。また配置の指定、フォントの指定と、とても丁寧でわかりやすいわね♪

そしてご依頼者様のご要望で雑誌を渡すのでスキャンしデザインに使用してほしいとのこと。しかしそれには著作権的に問題が出てきてしまいます。

そこで今回はスキャンば使用せずおれが1から手描きで葉とバラを描いたぜ!これなら問題ない♪さらにお店のコンセプトであるアンティーク調に合わせ、葉の色も白色ではなく少し黄ばんだ色にすることで仕上りをより一層アンティーク調に統一したぜ!

仕上がりサイズ:ハガキ(100×148mm)

今回の仕上がりはほぼお客様の下書き通りだがDrop in Designで手を加えてさらに素晴らしい仕上がりになったぜ!宛名面は2020年の干支である「子(鼠)」をワンポイントアクセントでおしゃれ可愛く♪

今回の例はDidが言うようにほぼお客様の指示通りですがこれだけしっかりとした下書きをご用意いただいたので校了までがスムーズでイメージと違う等のトラブルが起こり辛いので当事業所も大変助かります。もちろん当時業者が助かるだけでなく、しっかりと下書きをご用意いただけるお客様には「ラフあり価格」でご依頼を承っておりますのでお客様にもお得となっております。ぜいじゃんじゃん下書きを書いてくださいね♪