いいものをつくる為に

いいホームページやデザイン物を作るためにはお客様の協力なしにはとても困難です。 Drop in Designはホームページやグラフィックデザイン、システムを作ることに関してはプロですが、お客様の会社やお店のことについてはお客様以上に知りません。 もちろんお客様もホームページやグラフィックデザイン物・システムの事に関してはご不明な点が多いと思います。 そこで協力し合って完成度の高い仕上がりを目指さればと考えております。
協力いただきたい内容は次の3つになります。

1.完成イメージの下書・構成

2.ターゲット層・ターゲットに伝えたい内容

3.必要なシステム・機能

完成イメージが浮かばない場合は競合他社のホームページを見たり、ネットで検索していろいろな会社のホームページやものを見てみてください。 それでも思い浮か場合はお気軽にご相談くださいませ。
お客様の持つ完成イメージにプラスで、あればいいページや内容をご提案させていただきます。 ご提案させていただく為にはお客様の会社やお店のことを知っていれば知っている程、ご提案できる内容が増えます。 お客様の会社やお店のことを知るためにいろいろとご質問させていただくかもしれないですが、どうぞお付き合いくださいませ。 またお客様の会社やお店の事を沢山教えてくださいませ。
たくさんのお話の結果、お客様とDrop in Designで共通の完成イメージを持って制作に取り掛かります。 こうして制作に取り掛かることで思っていた仕上がりと違うや、その為に作り直すことによる別途費用を抑えトラブルの防止にも繋がります。 何かの縁でお客様とDrop in Designが繋がったことを大切に双方気持ちよく制作を進めれればと思います。
その為にもご協力お願い申し上げます。

楽なようでいろいろもったいない丸投げ依頼

一見楽なようで後々面倒なことが多い丸投げ依頼。 忙しくてホームページの要望を考えている時間がなかったり、ただただ面倒だったり。 様々な理由で依頼を丸投げしたくなることはあると思います。 しかしDrop in Designでは丸投げ依頼はお勧めしていません。 おすすめしていない理由は面倒だからではないです。 トラブルに繋がる確立が増加するからです。 またお客様にとってもいいことは少ないはずです。 以下に丸投げがお勧めでない理由を列挙してみます。

ButPoint1.お客様の時間が不規則に奪われる

依頼をもらった側はわからないことだらけで沢山お客様に質問します。 回答するために時間が取られ、取られる時間や連絡が来る時間は不規則。 回答を後回しにするとどんどん完成が遅くなります。

ButPoint2.費用がかかる

丸投げの依頼をいただくことですべて制作者側で考えなくてはいけません。 その考える時間に対しても費用がかさみます。

ButPoint3.トラブル

これが一番危惧することですが、完成イメージが違う!なので作り直してください! 作り直すのには費用がかかります。 そんな費用は払いたくない! そういご契約ですが・・・ というトラブルに繋がります。 せっかく何かの縁でお客様と繋がれたのに悲しいことばかり。
丸投げして時間を節約しようとしていたのに返って時間がかかったり問題が発生したりします。 本末転倒ですね。 この記事をお読みいただいた上でそれでも丸投げを実行するぜ!という方はPoint1~3のことをご覚悟の上でお申し込みください。 ご覚悟の上でしたらDrop in Designはいつでも承らさせていただきます。