キャラクター紹介

キャラクター紹介

webやデザインは専門性が高いため、文章ばかりを並べられると読む気がなくなってしまう方が多いと思うのでDrop in Designでは楽しくページを見ていただく為に色遣いだけでなく、ところどことにキャラクターを登場させています。

たくさん文章を読んで疲れた時にキャラクターに目を配り、クリーンな気持ちで当ホームページを閲覧いただければ幸いです。

このページはDrop in Designのホームページを彩ってくれるキャラクターの紹介になります。

ぜひ遊び半分の気持ちで見てくださいませ。

村上 昂輔 -Kosuke Murakami-

Drop in Designの代表を務めるデザイン界のヒーロー。幼いころより絵を描くことや物づくりが好きで現在はホームページ制作やグラフィックデザインなどの仕事に就いている。ヘルメットを被っている理由は歳を取っても体系が変わらない限り村上を描き変える必要がないからだ!ヘルメットがないと加齢と共に顔を描き変える必要が出てくる。全てのページの村上の顔を描き変えるとなるとそれではメンテナンス性が悪い!チャッカリそんなところまで考えられたコスチュームデザイン!長いマフラーは村上がヒーローとは長いマフラーという謎の概念から巻きつけられている。敵との戦いで引っ張られることが多いため邪魔なだけだが決してはずすことはない。そして当ホームページからも分かるようになかなかのオタク。趣味はゲーム、アニメ観賞、好きなキャラクターのグッズ集め。愛車には大好きなキャラクターのぬいぐるみがどっさり!普段はよく喋りマイペースでふわふわしてる(らしい)が、仕事、デザインのこととなると別人のように無口になり没頭する。任された仕事は最後まで責任を持って遂行するぞ!とりあえずホームページやデザインのことで困った時は村上に相談だ!

ディッド -Did-

Drop in Designのサブ主人公ディッド。ディッドの名前の由来はDrop in DesignのDとiとDから取られたと言われている。Drop in Designでは主にホームページのデザインやグラフィックデザインを担当している。左の腰にはAIソード、右の腰にはPHソードを装備し、ちょっとした魔法(コンピューター言語)HTML、CSSを使いこなすデザイナー戦士。運動能力・デザイン能力は高いが頭の方は・・・と、まさによく見る主人公タイプ。しかし残念ながらDrop in Designでは主人公ではない。とにかくポジティブ。そのポジティブさから自分が主人公と思い込んでいるある意味羨ましいやつ。がさつな見た目とは裏腹に絵心を持ち合わせており繊細な絵を描けるというギャップを持っている。村上のホームページ召還によってネット界-ネットワールド-とこちらの世界を行き来できる。(ホームページ召還についてはトップページ←の漫画を見てね。)趣味は筋トレとランニング、村上いじり、昼寝。暇があれば昼寝をするが本人曰く夢の中でデザインを考えているらしい。感覚ではなく意味・コンセプトを持ったデザインを得意しているので、ホームページやデザイン関係のものを制作する時はしっかりイメージを伝えよう!

ミング-Ming-

Drop in Designのヒロインミング。名前の由来はプログラミングのミングから取ったと言われている。ミングは魔法(コンピューター言語)を使用するプログラマー魔術師。魔法の中でもPHP、JQuery、JavaScript、MySqlを使って戦う頭脳派。経営についても村上にアドバイスをしてくれる頼もしい存在。基本どのようなことも平均以上でこなす高いポテンシャルを持っているが体力面が平均以下。しっかり者のミングは村上やディッドからいつも頼られるが、実は答えられないことはかっこ悪いと思い必死で調べ回答している。また敵との戦いで息が上がったとしても、やせ我慢で決して人の前で疲れた顔を見せない。すこしプライドが高いところがあるが基本温厚。誤って不機嫌にしてしまった時はミングがこよなく愛する甘いもの、特にケーキかお寿司を差し出すべし!嘘のように不機嫌から立ち直る。一説によると甘いものやお寿司が食べたくなると不機嫌になると言われている。不機嫌のまま放置し過ぎるとケーキorお寿司作戦のが効かなくなるので早めに手を打とう!こういうところはやっぱり女の子なんだなぁ。でもどんな人にも優しく頼りになるミング。みんなも困ったらとりあえずミング様に聞いてみよー♪

ページ上部へ戻る